インフォトップ
メイドカフェ-Maid Cafe-
[秋葉原]★メイドカフェ★
コスプレ系飲食店(コスプレけいいんしょくてん、Cosplay restaurant)は、二次元を中心としたおたく文化を背景に持ち、店員がコスプレをして接客を行う飲食店である。喫茶店・居酒屋などを業態とする物が多い。

一般的には店員(主に女性)がアニメ・ゲーム等のキャラクターや、メイド・各種制服などのコスプレをして、接客・給仕を行う飲食店がコスプレ系飲食店と呼ばれる。 店員がメイドのコスプレを行って接客する喫茶店を特にメイド喫茶・メイドカフェと呼ぶ。 現在は、メイド喫茶・メイドカフェがコスプレ系飲食店の主流であり、ほぼコスプレ系飲食店=メイド喫茶・メイドカフェである。この場合、コスプレという要素が重要で、「Tea Salon EARL(ティーサロン・アール)」(東京都渋谷区)のように制服がメイド服調なだけで、コスプレ性の無い店は一般的にはメイド喫茶に含めない。逆に「CURE MAID CAFE'(キュアメイドカフェ)」のように、設立の経緯から、もしくは店員はコスプレ性の無い制服しか着用しないが、イベント時にコスプレイヤーを招くという形態を取る店はメイド喫茶と呼ばれる。どこからどこまでをコスプレ性があると言うのか、不明な点がある。 コスプレ系飲食店が登場した当初は秋葉原周辺に出店が集中していたが、次第に全国の都市へ拡大している。また、海外に進出している店舗も存在する(「ぴなふぉあ」)。

メイド喫茶の誕生
2001年3月、ゲーマーズスクエア店の運営権がブロッコリーからコスプレ衣装製作会社「コスパ」とその関連会社に委譲された。それとともにカフェ・ド・コスパも「CURE MAID CAFE'(キュアメイドカフェ)」へとリニューアル、ウェイトレスの制服をメイド服に統一し、落ち着いた雰囲気のある空間と「癒し」をコンセプトに運営されることとなる。こうして「メイド喫茶(メイドカフェ)」という新たな業態ができた。 この業態を定着させたのが、「Cafe Mai:lish(カフェ・メイリッシュ)」である。2002年7月、パソコン専門店T-ZONEの新業態の1つとして、「Mary's(メアリーズ)」として開業したこの店は、店員の制服が昼はメイド服、夜はコスプレ衣装という形態をとっていた。イベントも多数行なうなどして話題を集め、急速に支持を得て成功した。以降のコスプレ系飲食店の方向性を定義づけたと言える。この店舗の成功によって、マスメディアに取り上げられるようになり、マニア層以外にも知られるようになった。この成功から、さまざまなコスプレ系飲食店が秋葉原で急増する。 尚、「お帰りなさいませ、ご主人様」というメイドが主人を出迎える(見送る)、というスタイルは名古屋・大須の「M's Melody(エムズ・メロディ)が発祥で全国に広がったものである。 メイド喫茶が急増した理由には以下のものがある。 特定のキャラクターと結びついていないため複雑な権利関係に巻き込まれなかった。 特定の作家が無く「メイド」という記号性のみであるため、特定のファン層に絞らずオタク文化全体を顧客対象に出来た。 メイド服を制服に準ずるものとして比較的穏健な取扱いがなされた。 喫茶店であるため、少ない資本で開業できた。 そもそも、所謂オタクとしてカテゴライズされる人間が一般人やカップルなどの視線を気にせずに、ゆっくり喫茶できる店が無かったという背景がある。 特に秋葉原では以下の背景により、メイド喫茶が急増した。 PCの街からコンテンツの街への移行時で、この移行時に増えた客が利用する飲食店が少なく(老舗の飲食店かファーストフード程度)、喫茶としての需要があった。 萌えブーム以前の秋葉原のテナントは空きテナントが多く、また坪単価が比較的安かった(坪単価1万円以下もあった)。 これら以外に、喫茶店には漫画喫茶、ジャズ喫茶、ゲーム喫茶、カラオケ喫茶、歌声喫茶など、飲食だけを目的としない営業形態がこれまでも存在しており、飲食店としては邪道と見られがちな営業形態に寛容である点も大きな理由である。また喫茶店はノンアルコールを基本としておりキャバクラ等の風俗店と一線を画すことに成功したが、後述のように近年では風俗営業として指摘を受けている例も見られる。

インフォトップ

メイド喫茶 秋葉原無修正 動画エロ画像心霊スポットエロゲー同人誌
Copyright (C) 
2008 メイドカフェ-Maid Cafe-
All Rights Reserved.
無料 ホームページ レンタルサーバー 無料君